2009/11/21

「老眼ゲーマー」に朗報!大型化されて大画面になったNintendo DSi LLが発売!


任天堂がゲームボーイを開発していた数十年前に、誰が「老眼ゲーマー」を想定していたでしょう?

最近売り上げを伸ばしているソニーのPSP対策として、任天堂が今日(11月21日)から発売する「Nintendo DSi LL」は、既存の携帯ゲーム機を大型化するというゲーム機史上初(?)の”英断”であります。

プレイステーションのような据置ゲーム機にしても新型は小型化することが当たり前、携帯ゲーム機なら尚更小型化を目指すのが今までの常識でした。

ただ、ゲームボーイアドバンス機の最後のモデルはの「ゲームボーイアドバンスマクロ」は、ゲームプレイ可能な極限まで画面も本体も小型化しましたが、それほど売れなかったようです。

そんな失敗から、任天堂は学んだのかもしれません。


僕自身は「Nintendo DS」は初期モデルから、すべて発売日に購入しているというほど愛用しています。

ただ、ここ1年ほどは老眼がすすんで3.2インチの画面では、細かい文字が読めないというストレスが段々とは感じてくるようになっていました。

物語や設定を理解して遊びたいロールプレイングゲームは、正直もうキツイ・・・と投げ出してしまうことしばしばだったりします。

また、電車の移動中にプレイしたくなるDSなのですが、新聞を顔から遠ざけて読むように、ゲーム機を持った手を顔の前にズンと突っ張ってゲームをしている姿というのも・・・「老眼にまでなって、そんなにゲームしたいの?」と、冷たい目で見られるような気がしてしまうので、なんとも恥ずかしいのです。


さて「Nintendo DSi LL」の実機を手にした感想ですが、僕のような体の大きな人にはまったく違和感のないサイズといえるでしょう。

ふたつの大画面はかなりの迫力だし、スピーカーの位置が少し離れたことで、同じゲームをしていても絵と音の臨場感はなかなか良いです。

老眼のせいで今まで見えていなかった、ゲームのディテールまでよ〜く見えるので、よりゲームが楽しめる気がします。

今後はDSゲームはすべて「Nintendo DSi LL」で遊ぶことになりそうです。

唯一の気に入らないところは、カバー上部のフィニッシュが高級感を出すためか、ツルツル仕上げになっているので、指紋が付きやすいということぐらいでしょうか・・・。

全般的に「老眼ゲーマー」となった僕には大満足のDS本体ラインナップ拡大でした。


新機種発売後にありがちな、プレミア価格販売やオークションでの価格高騰もしていないようなので、任天堂の十分な供給と、意外に低い消費者の需要(?)というのが功を博しているのかもしれません。

欲しければ店頭ですぐ買えるという状況のようです・・・欲しい人はお店へ。


註:画像は歴代4台のNintendo DS。上段左から「DS」「DS Lite」下段左から「DSi」「DSi LL」



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント:

コメントを投稿