2011/01/13

テレビ朝日「お願い!ランキング」の美食アカデミーって勘弁して・・・イタリアンの貴公子の川越シェフってど~よ?

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

観ようと思って観たことなんて一度もないし、ましてや予約録画までするわけもありません・・・ただ、寝る前に付けていたテレビに偶然流れているので観てしまう番組が、テレビ朝日系列の平日夜の帯番組の「お願い!ランキング」であります。


いろいろと番組のコーナーがある中で、以前から観ていて何ともバカバカしく思っているのが・・・「美食アカデミー」と名乗る3人の料理人が、ファミレスやファーストフード店の売り上げトップの料理を採点してランキングするという企画。

「美食」と、あえて謳っているのは「自虐的」な意味だと思っていたのですが・・・結構、やっている本人たちはマジみたいです。

「美味し~い!」なんて言いながら、満点とか付けちゃったりしているのを観ると・・・堂々と「美食アカデミー」なんて名乗って出てきているわりに、なかなかの恥知らずでレベル低いなぁ・・・と思いつつ、視聴者(まぁ、ボク自身も観ているわけだけど)もレベル低いとしか思えません。

ま・・・「目くそ鼻くそ」的な世界(?)っていうことです。


ボク自身は、あまりファミレスを利用しないので、どれが一番美味しいとランキングされても、それほど有益でない情報でしかないということもあるし・・・ファミレスに、それほど期待をしていないってこともあるのかもしれません。

友人で大変なグルメの人がいるのですが・・・彼曰く、美味しいものを食わせてあげようと、高級なレストランに連れて行っても反応がイマイチな場合がよくあると嘆いています。

その理由は、ファミレスなどの安っぽい味付けに慣れ親しんでしまって、舌が教育されていない・・・とおっしゃるのであります。

美味しいものを「美味しい」と認識しないというのは、幸せなのか不幸なのか分かりませんが・・・高級で滅多に食べれない料理を美味しいと思わなければ、食べたいという欲求も存在しないわけで「食わず嫌い」ならぬ「食わず知らず」で「幸せ♡」という考え方も出来るのかもしれません。


この「美食アカデミー」企画の中心となっているのが、いつも真ん中でニヤニヤしているベティーのマヨネーズのママみたいな「おんな顔」したイタリアンシェフの川越達也氏の存在であります。

本来、シェフを「顔」で判断するのは失礼かもしれないけど・・・明らかに、あの「顔」で「イタリアンの貴公子」としてさまざまな営業しているわけですから、本人的にも「料理」だけで勝負というわけではない「料理系タレント」と受け取られるのは覚悟のことでしょう。

その上「顔」出しで、ハンバーガーショップ、ラーメン屋、キムチ、カップ麺、冷凍パスタ、犬のおやつ(!)まで、あらゆる商品プロデュースしているということは、完全なる確信犯というか、一番のセールスポイントは、あの「顔」でイタリアンシェフということでしかないようです。

ま、個人的には・・・あの顔で「イタリアンシェフ」っていうのは信用出来ませんが。

川越達也氏は、一応は代官山でオーナーシェフという立場でお店をやっている料理人であるとこと・・・ファミレスの料理をあれほど高い評価をするのって、自分の舌を疑われるという危惧はないのでしょうか?

それとも本気で「最近のファミレスやファーストフードは侮れない!ホント美味しくなっている!」と信じているのでしょうか?

「顔」でシェフを好きになってしまうファミレスの味で育ってきたようなファンは、「タツヤ・カワゴエ」で出されるコースメニュで満足するのしょうか?

(お店の方にはボクは行ったことないので・・・実際のところは分かりませんが)


世の中が「ファミレス舌」ばかりになっていうのは、ユニクロが好きなファッションブランド1位になってしまうような・・・服文化で起こっていることが、食文化でも起こっているということなのかもしれません。

いろんな業界に蔓延するマスマーケットへ傾倒し過ぎてしまう傾向というのは・・・日本全体のレベルの底上げなのか、それとも全体のレベルを下げているのでしょうか?

とにかく、ピラミッドのように何かを頂点とする文化が、徐々に崩れてきているようで・・・なんとも悲しい気分になるのであります。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

2 件のコメント:

  1. マーミナーγ2011年1月14日 14:59

    はじめまして。
    ブログランキングから来ました。

    > あの顔で「イタリアンシェフ」っていうのは信用出来ません。

    に、爆笑してしまいました(笑)
    ああ、可笑しい。

    おかしライターさんのまっとうな感性が好きです。
    最近の日本は、上っ面の良さと安さだけを追求して、上質なものをきちんと見る目を失ってる感じがしますね。
    一億総ヤンキー化というか…

    また覗きに来ます^^

    返信削除
  2. 美食アカデミーの、胡散臭さで、色々検索して、ここに来ました。トータルとしては、同じような意見ですが、
    「高級で滅多に食べれない料理を美味しいと思わなければ」
    ってのは、違うと思います。高級で滅多に食べれないのは、すべて美味しいのでしょうか?それじゃ、まるで、ブランド名だけを、ありがたがって喜んでる人達と変わりないと思います。
    ファミレス舌。いいじゃないですか。それが一般なんだし。
    セレブなんて呼ばれて、調子に乗ってるような人達も、たとえば「千疋屋」のパッケージに他の店の、値段高めのメロンを入れて、お土産にしたとして、どれくらいの人が千疋屋のメロンじゃない。って判るんでしょうか。
    文句ばっか書きましたが、美食アカデミーに出てる川越シェフに関しては、金さえ貰えば、どんなに不味い料理でも美味い。って言う人だと思います。アカデミーで、コンビニとかの
    食べ物をさんざん文句つけておいて、自分は、平気で料理プロデュース。とかって、同じ大量生産なのに、自分のだけは美味しいって、思ってるんでしょうか。あきれるばかりです。

    返信削除