2011/11/24

結局「知らぬが仏」が幸せなのよ・・・”期待”がなければ”嫉妬”も”浮気”も”束縛”からも解放されるの!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン


赤い糸で結ばれた一人と添い遂げるっていうのは、確かに「純粋」と言えるのかもしれません。しかし、人の行き来や情報が乏しかった時代ならともかく、今、そんな関係を求めるのは鼻っから無理・・・そんな、おとぎ話のような恋愛を求めていたら、一生独り身で生きるハメになりそうです。それならば・・・付き合っている間ぐらいは、せめて”ステディな関係”でいたいというのが現実的な「純粋」ということかもしれません。


男女の夫婦であれば「浮気」というのは、家族に関わる問題に直結してくるので、気持ちだけの問題ではありません。妻からしてみれば、夫にあっちこっちの別な女と子供を作られては、自分の家庭生活が危うくなります。妻が別な男の子を宿して、父親でもない夫がその子供の養育の義務までを負うハメになっては非常に困ります。法律的にも男女の夫婦間での「浮気」というのは、感情論だけでは片付けられない問題を含んでいるように思います。ゲイカップルの「浮気」と、男女の夫婦間の「浮気」を同じ土俵で語ることではないのかもしれません。


そもそもゲイにとって「浮気」というのは「なんぞや?」ということです。ボク自身は20代までは、付き合っている人がいたら、他の人とセックスすることなんて考えなかったタイプでした。だから彼氏が浮気をしてるかもしれないかとかさえも、考えることがありませんでした。元々、付き合ってもベッタリと四六時中、一緒にいたいとか、毎日連絡し合っていたいとかというタイプではなかったので、もし当時、付き合っていた人が「浮気」をしていたとしても、ボクは気付くことはなかったでしょう。


「浮気」という概念自体を、本当の意味で理解し始めたのは、自分自身が「浮気」の相手という立場になってからかもしれません。「浮気」相手は彼氏という存在を最初から知らされているわけですが・・・彼氏には浮気相手であったボクの存在というのは「ないこと」になっているわけです。まだまだ浅はかであったボクは、彼氏の存在を含めて彼の関係の全てを把握しているのは自分であると奢った考え方をして、いい気になっていましたが・・・実は、失いたくない大切な人にこそ嘘をつくものだと後々学んだものでした。


ゲイのカップル同士でも、インスタントセックスの相手でも、信頼「する」「しない」の問題ではなく・・・常に”セーフセックス”を行なうべきというのは言うまでもありません。しかし・・・遊んでない人に限って、ついつい流れに任せて「生」でやってしまうことが多いようで、性病や感染症のリスクを負うことになります。ゲイにとって「浮気」にまつわるトラブルって、まずは病気の問題・・・でも、セーフセックスで回避できるのだから容易いことです。


ある程度、歳を取ってくると・・・出会う人の大半は、彼氏/相方持ちになってきます。同棲していても定期的にセックスしていて「パートナー以外とのセックスなんてアリエナイ!」というカップルもいるとは思いますが・・・彼氏/相方とは”セックスレス”というのが殆ど・・・お互い空気なような存在になって日々の生活はうまくやっているというゲイカップルといいうのは、実はヒジョーに多いのです。ただ、悲しいかな・・・人間的な相性が合うからといって、セックスに於いての相性が合うとは限りません。セックスなんてしなくても全然平気ならば、二人して禁欲生活になってしまうわけですが・・・それを続けられないのがゲイのスケベ心だったりします。そうなってくると世の中には、とりあえず彼氏/相方という存在はいるけど、セックスする相手は他で探しているというケースが増えてくるわけで・・・「浮気」相手ということが前提での”お付き合い”ということになるわけです。


タチは「男」だから「浮気」は仕方ないって考えるのは、歪んだ男女の恋愛マニュアルの押し売り・・・「浮気」をするのに「男」とか「女」とか「タチ」とか「ウケ」は関係ありません。ただ「浮気」を「する人」と「しない人」がいるという事だけ・・・その理由も、さまざまだったりします。彼氏/相方とのセックスの相性が合わないので他の人とのセックスで満足したい人というのは勿論・・・いろんな人とセックスすることでしか自分の存在価値や自信を得ることのできない人や、ただ単にアプローチされると断ることが出来ない人っていうのもいます。何故「浮気」するのかなんて、いちいち考えて「浮気」しているわけではありません。


付き合っている人がいないフリーのときは、散々ハッテン場に出掛けたり、誰彼構わずセックスしまくるのに、パートナーが見つかると「浮気」は絶対にしないっていう人っています。そういう人が「一途で純粋」「道徳観のある大人」とは限りません。単に、その人なりの”筋の通し方”というだけのことだったりします。ただ、そういう筋を通し方をする人というのは、パートナーに対しても「束縛」することに意味を見出したりするので・・・付き合うと厄介だったりします。また、世の中には自分は「浮気」しても良いけど、相手の「浮気」は許さないという我が儘な輩っていうのもいます。それって、プライドだけは人一倍あるくせに、本質的に自分自身に自信のないことを公言しているようなもんで・・・精神的にお子様っていうことでしかありません。


「浮気」されて「嫉妬」という感情が生まれるならば、少なからず相手を「束縛」したいという気持ちがある証拠かもしれません・・・でも「束縛」をして、何を得られるのでしょう?「浮気」相手に彼氏/相方が心変わりして、自分が捨てられてしまうことを何とか阻止しようと「束縛」しているとしたら・・・すでに捨てられる立場に自らの身を投じてしまっているようなものです。相手に執着するから「浮気」が「裏切り」に思えてしまうのです。


「浮気」によって裏切っているのは「浮気」をしないという「期待」だけ・・・別に修羅場でもなんでもありません。バレないように「浮気」しているなら、まだ関係を続けたいという何よりの証。逆に「浮気」を疑われて、すぐさま白状して、開き直るというのは、正直者でも素直でもなく、単に「浮気」を隠し通すための重圧に耐えられないだけだったりします。所詮、本気でない「浮気」に対して、無駄に「嫉妬」を感じることさえないのです。


「浮気」の見分け方というのは、実は簡単・・・「浮気」を疑う時点で、おそらく「浮気」していると思って間違いありません。でも、しっぽを掴んだからといって「浮気」を追求するということは、相手につかなくてもいい嘘をあえてつかせるようなモノ・・・言い訳できないほど追い詰めたりして、一体、誰が幸せになるのでしょう?もし、彼氏/相方とセックスレスなのに、一切「浮気」がない方が不自然・・・肉体的に「浮気」さえ出来ないEDとか、ストレスによる性欲減退とか、鬱とかを心配してしまいます。


結局のところ「浮気」をする人は、なんだかんだで「浮気」するわけだから「期待」を持って「束縛」したり「嫉妬」することこそ、無意味・・・彼氏/相方の部外活動には「知らぬが仏」を通すが勝ちなのです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

5 件のコメント:

  1. 浮気許してるとセックスレスになったり、性病持ち帰ったり、余所で恋愛感情育てられたりするぞ。
    ゲイとは性的にだらしなくあるのを許容する関係なのか?
    浮気されて苦しむのは束縛とは関係ないし。

    返信削除
  2. ゲイに性の倫理観や道徳観って皆無なんだね。やっぱ気持ち悪いな。
    よく考えりゃ公共の場で性行為する変態集団だし、当然か。

    返信削除
  3. 自分の価値観をさも「正しい」かのように語るのっておかしくない?
    「相手に執着するから浮気が裏切りに思えてしまうのです」って、あるけども、
    これが裏切りじゃないなら何?
    だって、浮気って隠れてコソコソすることだよね。。
    あなたのように体だけの関係はアリだというなら、なぜ隠す必要がある?
    最初からオープン・リレーションシップを築けばいいじゃない。
    やっぱりゲイって頭おかしいわ

    返信削除
  4. 知らぬが仏?
    そんなんだから性病だのポジ種だの撒き散らすことになるんだよ
    当事者がこんな意識なんだからそりゃ風当たりも強くなるわ
    恐ろしいのはこの界隈に既婚者もいるってことだな
    夫がゲイで性病持ちとかどんな罰ゲームだよ
    知らぬが仏だと?
    性病リスクに目をつむれと言っているのか貴方は

    返信削除
  5. ホモフォビアな人たちの必死のコメントが痛々しいな
    反論が単なるハラスメントになっていることの自覚もないみたい
    こういう人たちが存在するかぎりLGBTへの差別がなくなったとは言えないよね

    返信削除