2015/08/04

ネットでの酷評の嵐にも関わらず炎上営業の甲斐あって大ヒット!?・・・原作ファンだけでなく”いちげんさん”にもツッコミどころ満載の人食い巨人の”コメディ映画”~「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」~



公開日に映画館に足を運ぶということが最近少なくなくなっていたのですが、今年は大きな映画館のスクリーンで観ることが前提の超大作が目白押し・・・そのためIMAXでの上映は公開日から1週間限定ということが多いようです。そこで、何かと話題になっている「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」を観てきました。訪れた二子玉川109シネマズは、最近オープンしたばかりということもあり、”IMAXシアター”の設備は最新のよう。目の前いっぱいにスクリーンや音響システムは大迫力・・・2000円の普通席(さらに広い6000円のエグゼプティブシートもあり)でも十分な広さが確保されていて、IMAXを観るならココと思わせるほどでありました。

さて・・・ボクは「進撃の巨人」については、マンガも読んだことありませんし、アニメも観たことはありません。知っているのは「巨人が人間を襲って食う」「人間は高い壁に囲まれて生活している」という中世ヨーロッパの寓話のような設定ぐらい・・・巨人の存在が何かしらの哲学的な意味がありそうな深いテーマを感じさせるものの、実際にマンガを読んでみようとか、アニメを観てみようという気にはなりませんでした。それなのに何故、実写映画版の公開日に劇場まで足を運んだかというと、映画評論家の町山智浩氏が製作に参加しているからであります。

町山氏はスクリプト・ドクター的な助言をする程度の立場なのかと思いきや、TBSラジオの「アメリカ流れ者」での制作裏話によると・・・共同脚本として、実写版映画化の根幹となるオリジナル要素にも大きく関わっていたというのです。ただ「映画を語ること」と「映画を作ること」は別もの・・・作品の出来次第では、今まで解説者/評論家として語ってきたことの信頼性さえも失いかねません。

ボクと同世代(同じ学年?)である町山氏は・・・アメリカ西海岸を拠点としてアメリカの文化、習慣、ニュースに精通し、映画監督や関係者への直接の取材、膨大な映画知識と驚異的な記憶力で、日本人の映画評論家としては突出している存在ですし、近年、サブカル系(映画秘宝的な?)映画ファンには絶大な影響力を持っています。怪獣特撮などの”男の子映画”に関しては、特に熱弁をふるってきた町山氏・・・「進撃の巨人」は、最も得意とするジャンルと言えるのかもしれません。そんなこともあって、ボクは実写版「進撃の巨人」に期待を膨らませてしまったのです。

町山氏は、登場人物たちの名前を日本人らしい名前に変更するか悩んだ上に、日本人の名前として不自然なキャラクターは登場させないことにしたそうなのですが・・・無国籍(中世ヨーロッパ的?中央アジア的?)で、時代考証も意味をなさない物語なのですから「名前が日本人っぽいか?否か?」という”リアリティ”よりも、もっとこだわるべきことがあったのではないでしょうか?

コスプレ感の強い若手俳優たちによる凡庸な人間ドラマ部分が多い本作・・・エレン(三浦春馬)を中心にアルミン(本郷奏多)、ミカサ(水原希子)の3人を主人公に物語が進んででいきます。原作マンガでは、特別な絆で結ばれていることが描かれているらしいですが、映画ではテレビドラマにありそうな男2人女1人の三角関係(?)のよう・・・壁の外の世界に憧れているエレン、怖がってばかりの気弱なアルミン、悲壮感ばかりが滲み出してるミカサによる、なんとも青臭い”青春ドラマ”のような台詞のやりとりが繰り返されるのです。

主人公を特別なスーパーヒーローではなく、人間としてダメ要素もある”普通の若者”としたところは、原作者である諫山創氏からのリクエストだったと、町山氏は責任逃れ(?)のような言い訳をしていますが・・・「等身大の若者」の主人公に強く共感するというのは、特別に優れた人間には親近感を覚えないというナルシシズムに支えられている世代にありがちの傾向のような気がします。”何も特別でない主人公”が、過酷な運命に投げ込まれ、これでもかと痛めつけられて耐える姿は、社会的な被害者と自己認識しがちな世代と重なるところがあるのかもしれません。

町山氏は「試写会の後、ファンが炎上します!」という炎上確信犯的な発言をしていましたが・・・原作マンガを支持するファンや、登場人物に特別な思い入れのあるファンにすれば、原作からの変更に不満を持つことは当然のこと。ただ、原作マンガやアニメを読んでない観ていないボクのような観客にとって、原作からの変更というのは、たいした問題ではありません。そんなことよりも・・・「巨人の存在感が全然リアルでない」とか、「巨人たちが人間を食らうシーンが、それほど残酷でない」とか、「調査兵団や憲兵団は、役立たずもいいところ」とか、「人類最強の男なのに、全然活躍してない」とか、ボク的にはツッコミどころ満載なのです。


巨人を生身の日本人が演じていて、アンガールズの田中や渡辺直美に似ている巨人がいるところに、思わず笑ってしまったのですが・・・無個性、無国籍、無性別の外見(山海塾のダンサーみたいな?)であった方が、巨人という存在がもっと恐ろしくなった気がします。生身の人間を妙に感じさせるため、人食い巨人のコントを見ているみたいで・・・ホラーコメディ映画に近いノリを感じてしまったのです。巨人の一人一人に個性があることは、後編で明かされる(?)巨人の秘密と関係があるのでしょうか?

巨人と人間が絡むシーンは怪獣映画のような特撮で撮影されているらしいのですが、巨人が”背景”のようになってしまって、そこに存在してるリアリティがとても希薄。人間が巨人に捕まってバタバタ暴れているシーンでも、巨人の手がハリボテのように動かないので、人間の体が握られている感がありません。「コンピューターグラフィックに頼らないぜ!」という意気込みは大変立派なんだけど・・・前時代的な怪獣映画を見せられているようで、逆に特撮技術の限界を見せられた気がします。

巨人が人間を食らうシーンの”残酷描写”は、ひとつの”売り”であるはずなのですが・・・ボクのようなスプラッター映画を観てきた人にとっては、あっさりとし過ぎてて拍子抜け。巨人のふざけた表情と相まって残酷というよりも、コミカルにさえ感じさえします。町山氏曰く・・・映倫と何度も掛け合って、なんとか通過させたというのは、レーティングを「PG 12」まで下げることにこだわったではないでしょうか?巨人は人間を噛み切って食べるので、上半身と下半身はバラバラになってしまうのに、主人公であるアルミンやエレンだけは、食われても噛み切られることもなく、巨人の口の中で生きているのですから・・・「おいおい!嘘だろう」とツッコミたくなります。

巨人と戦うために組織された調査兵団や憲兵団のはずなのに、ただオロオロとして食われるだけ。寝ている巨人を起こしてしまうから、絶対に声を出してはいけないという移動中でさえも、おしゃばりばかりしているし、巨人が近くにいるのにエッチしようとしたり、団員たちの態度から、生きるか死ぬかの緊張感を感じられません。不思議なのは、爆薬がないほど物資が底をついているはずなのに、移動は軍用車というところ(原作では正しく馬だったらしい)・・・壁に囲まれた居住地内に油田でもあって、ガソリンだけは豊富にあるのでしょうか?

おそらく、町山氏が創作したのであろうシキシマ(長谷川博己)は、”人類最強の男”という実写映画版オリジナルの登場人物・・・相変わらず妙なテンションで長谷川博己らしい怪演を見せていますが、たいして活躍しないのです。エリンが片足を食いちぎられて瀕死の状態になっているのに「アンラッキーなこともあるさ」という言葉で片付けるのは、冷静なのか?冷酷なのか?・・・わざわざ、オリジナルで、この人物を創作しなければならなかった理由が、前編を観ただけでは、よく分かりません。

常に奇妙なテンションのハンジ(石原さとみ)や、いつもお腹が減っている設定のサシャ(桜庭ななえ)は、原作から引き継がれたコミカルな役どころらしいのですが・・・(必要以上に?)悲壮感に満ちた登場人物達の中で浮きまくってます。マンガやアニメの中で成立する猿回し的なキャラクターも、実写映画では緊張感を断ち切ることもあるのです。唯一、本作でリアルな存在感を感じさせたのが、ジャン(三浦貴大)・・・グローバルに通用するルックスは父親の三浦友和譲りで、年齢を重ねたことで”戦場”にふさわしい”男臭さ”を発揮しています。


立体起動装置で巨人をバッタバッタ倒すアクションシーンも”みどころ”であるはずなんだけど、位置関係に現実感がなく、背景と人間に違和感があって、爽快感に欠けています。そもそも、ワイヤーが壁にくっついて(スパイダーマンみたいに?)空中移動するという装置の仕組みがイマイチ分かりません。ロケをした軍艦島のような高い建物がある場所であれば、高く飛べるかもしれませんが、野原のような高いモノがないところでは、まるで意味さそうな装置・・・これで人間は巨人と戦えるのでしょうか?

巨人に食われたのにも関わらず、自らを巨人化(?)させて巨人を倒すエレン・・・弱点である”うなじ”を切られると、その中からエレンが胎児のように(?)出てくるというところで、前編は終わります。原作を読んでいれば「なるほどね~」となるのかもしれませんが・・・何も知らないボクにとっては「どういうこと?」となるだけ。ファン激怒の変更をしながらも、結局は作品を知ってるファン向けのつくりなのか・・・という感じ。「気になる続きは、後編を劇場で!」というのは、映画というよりテレビシリーズのファーストシーズンのラストエピソードみたいです。


「前編」「後編」に分けて劇場で公開とするいうのは、最近増えてきた日本映画におけるビジネスシステムのようですが、本作は決して長編映画の上映時間としては、それほど長くはない98分・・・噂によると後半はさらに短い87分ほどらしいので、前後編を1本の映画として上映しても3時間5分。確かに3時間を超える長編は、観客の回転率が悪く映画館には歓迎されないとは思いますが、編集で2時間30分以内におさめることも十分に可能なはず・・・前後編に分けての公開というのは、入場料金の二重取り目的の”あこぎな商法”だと思えてしまいます。

当初、名乗りを上げていた中島哲也監督が実写版映画化を完成させていたら、どんな作品になっていたのでしょう?原作の「巨人が人間を襲う」という設定”だけ”を引き継ぎなら、まったく違う世界観と物語になると噂されていて、巨人が東京を襲うというパイロット版まで製作されていたというのですから、今になってみるとヒジョーに興味が掻き立てられます。

町山氏の炎上を煽るような(?)営業的な発言や、ツイッターのタイムライン(改めて見てみると、町山氏が本作に好意的なツイートをリツリートしていただけ?)に翻弄されて、そそくさと劇場に足を運んでしまったわけですが・・・、後編となる「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」も、多くの謎を宙ぶらりんにされたままの状態なので、9月19日の公開日に観に行くことになりそうです。


「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN
2015年/日本
監督 : 樋口真嗣
脚本 : 渡辺雄介、町山智浩
原作 : 諫山創
出演 : 三浦春馬、本郷奏多、水原希子、三浦貴大、長谷川博己、石原さとみ、ピエール滝、國村準、桜庭ななえ
2015年8月1日より日本劇場公開



人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

0 件のコメント:

コメントを投稿